防水工事

屋上、バルコニー、ベランダなど、雨水を直接受け止める場所には防水工事が必要です。

建物のトラブル原因は、「水」によるものがダントツ。
雨漏りによるカビ、腐食、害虫の発生は、建物の耐久性や資産価値を著しく低下させてしまいます。

≪防水工事の種類≫

■ ウレタン防水

主剤と硬化剤を混ぜて塗布する工法。
下地になじみやすく、つなぎ目のない美しい見た目も特徴です。
短工期・低コストで、改修工事では主流となっています。

■ ゴムシート防水

合成ゴムを主原料としたシート状の防水材を用います。
天候に影響されず、熱や水に強いので、多くの建物に採用されています。

■ 長尺塩ビシート防水

塩化ビニール樹脂などを主原料としたシート状の防水材を用います。
シートを熱で溶かすことにより、つなぎ目のないシームレスな見た目にも。
デザイン性にも優れ、色や模様が施されているものもあります。

■ FRP防水

ポリエステルの樹脂に硬化剤を混ぜ、ガラス繊維を組み合わせた工法です。
強度が高く、駐車場の防水工事で採用されることも多々あります。
短工期で完工するのも、大きな特徴です。

■ アスファルト防水

アスファルトの性質を持ったシート状の防水材を用います。
熱工法・常温工法・トーチ法という工法があり、それぞれに適したメリットがあります。
耐用年数が長く、信頼性の高い工法の一つです。


【泉大津市の防水工事なら、株式会社ワイズテックへ】
● 電話: 0725-90-4488
● メール: お問い合わせはこちら

一覧に戻る

▲TOPへ